Ajax の概要

PALポータルの XML Ajax API は、Ajax クライアントが、非同期のリクエストを PALポータルサービスに送ることができるようにするための XML ベースの API です。

典型的な使用例としては、

  • ページのカスタマイズとポートレットの配置 - ページ上でのポートレットの移動、コピー、追加、削除。
  • レイアウトの選択 - ページのレイアウトの変更 (行や列の数の変更、列のサイズの変更)。
  • テーマとデコレータの選択 - ページのテーマやページ上のポートレットのデコレータの変更。
  • ポートレットのセレクタ - エンドユーザへのポートレットの選択リストを提供。
  • セキュリティの設定 - リソース (ページ、ポートレット、フォルダ、リンク、フラグメント) もしくはポータル全体でのセキュリティ制約、またはポリシーの設定。
  • メニューの設定 - PALポータルサイトのメニューの生成や編集。
  • 全体的な管理 - 全体的な管理を行う全てのユースケースはまだ検討されていません。

保証されたアクセス

Ajax XML API リクエストの全ては、Ajax 用に登録されているのパイプラインを通して実行されます。 これは、通常の PALポータルコンポーネントのバルブ配列を用いて、Ajax リクエストを構成可能であることを意味します。 デフォルトの Ajax パイプラインは、全てのリクエストへのアクセスを保証します。 Ajax アクションのそれぞれは、自身のセキュリティ制約を持ちます。 ページを生成する全てのリクエストは、本来のアクションに依存する、編集もしくは表示モードの元で実行されます。