ログの設定について

PALポータルは、Log4j を利用して、ログの制御を行っています。 ログの設定ファイルは、webapps/palportal/WEB-INF/conf/Log4j.properties に記述されています。 そこで指定されている値を変更することで、ログファイルの保存先を変更したり、出力するログレベルを変更することができます。

設定ファイル

Log4j.properties のデフォルトの設定は以下の通りです(一部略)。

# ------------------------------------------------------------------------
#
# Logging Configuration
#
# ------------------------------------------------------------------------

# If we don't know the logging facility, put it into the jetspeed.log
log4j.rootLogger = ERROR, jetspeed

# Jetspeed goes into Jetspeed Log
log4j.category.org.apache.jetspeed = ERROR, jetspeed
log4j.additivity.org.apache.jetspeed = false


log4j.category.org.apache.jetspeed.tools = ERROR, jetspeed
log4j.additivity.org.apache.jetspeed.tools = false


# Velocity Logfile
log4j.category.velocity = ERROR, velocity
log4j.additivity.velocity = false

# Deployment Category
log4j.category.deployment = ERROR, DEPLOYMENT
log4j.additivity.deployment = false


########################################################################
#
# Logfile definitions
#
########################################################################

# jetspeed.log
log4j.appender.jetspeed = org.apache.log4j.RollingFileAppender
log4j.appender.jetspeed.File = ${applicationRoot}/WEB-INF/logs/jetspeed.log
log4j.appender.jetspeed.layout = org.apache.log4j.PatternLayout
log4j.appender.jetspeed.layout.ConversionPattern = %d [%t] %-5p %c - %m%n
log4j.appender.jetspeed.Append = true
log4j.appender.jetspeed.MaxFileSize = 10MB
log4j.appender.jetspeed.MaxBackupIndex = 5

# deployment.log
log4j.appender.DEPLOYMENT = org.apache.log4j.RollingFileAppender
log4j.appender.DEPLOYMENT.File = ${applicationRoot}/WEB-INF/logs/deployment.log
log4j.appender.DEPLOYMENT.layout = org.apache.log4j.PatternLayout
log4j.appender.DEPLOYMENT.layout.ConversionPattern = %d [%t] %-5p %c - %m%n
log4j.appender.DEPLOYMENT.Append = true
log4j.appender.DEPLOYMENT.MaxFileSize = 10MB
log4j.appender.DEPLOYMENT.MaxBackupIndex = 5

# Velocity gets configured to write its output onto the velocity category.
log4j.appender.velocity = org.apache.log4j.RollingFileAppender
log4j.appender.velocity.File = ${applicationRoot}/WEB-INF/logs/velocity.log
log4j.appender.velocity.layout = org.apache.log4j.PatternLayout
log4j.appender.velocity.layout.ConversionPattern = %d [%t] %-5p %c - %m%n
log4j.appender.velocity.Append = true
log4j.appender.velocity.MaxFileSize = 10MB
log4j.appender.velocity.MaxBackupIndex = 5

デフォルトのログレベルは ERROR に設定されています。 出力されるログファイルの保存先は、webapps/palportal/WEB-INF/logs に保存されます。 ログファイルの内容は、PALポータルを再起動しても保存されたままで、ログを追記します。 各ログファイルのファイルサイズは、10MB まで保存し、それ以上のサイズになった場合は <ファイル名>.<数字> として保存され、最大 5 つまで保持します。 それ以上になった場合は古いものから削除されます。

jetspeed.log

jetspeed.log は、PALポータルの処理中に出力するログが保存されます。

deployment.log

deployment.log は、PALポータルにポートレットを配備の処理中に出力するログが保存されます。

velocity.log

velocity.log は、レイアウトデコレータやポートレットデコレータなどで Velocity の処理中に出力するログが保存されます。

ログレベルの変更

Log4j.properties で、対象ログの log4j.category.* プロパティで設定します。 デフォルトでは ERROR が設定されているので、この値を DEBUG などに変更すると、ログレベルがデバッグになります。 利用可能なログレベルは以下の通りです。

  • DEBUG: アプリケーションのデバッグ用のログを出力する。以下のログレベルで指定したものは出力される。
  • INFO: アプリケーションの必要な情報を出力する用などのログを出力する。以下のログレベルで指定したものは出力される。
  • WARN: 警告メッセージなどの情報を出力するログレベル。以下のログレベルで指定したものは出力される。
  • ERROR: エラーメッセージなどの情報を出力するログレベル。以下のログレベルで指定したものは出力される。
  • FATAL: 致命的なエラーメッセージを表示するログレベル。
値を変更後ポータルを再起動することで変更が有効になります。

保存先の変更

各ログファイルの保存先を変更することができます。 Log4j.properties で、対象ログの log4j.appender.*.File プロパティで設定します。 ${applicationRoot} は PALポータルのルートディレクトリである webapps/palportal を示しています。 値を変更後ポータルを再起動することで変更が有効になります。