メールサーバーの設定について

PALポータルは、ゲストアクセスからのユーザー登録処理やパスワード再発行時にメールサーバーが必要になります。 メールサーバーが正しく設定されていない場合は、それらの機能を利用することができません。

メールサーバーの設定は管理コンポーネントにより設定されています。 コンポーネントの設定ファイルでメールサーバーの情報を変更することができます。

メールサーバーの変更

通常、インストール時の設定において、メールサーバーの値が更新されます。 インストール後にメールサーバーの情報を変更したい場合は、webapps/palportal/WEB-INF/assembly 内の administration.xml の以下の値を変更します。

  <bean id="mailSender" class="org.springframework.mail.javamail.JavaMailSenderImpl">
    <property name="host"><value>localhost</value></property>
    <property name="username"><value></value></property>
    <property name="password"><value></value></property>
      <property name="javaMailProperties">
          <props>
              <prop key="mail.smtp.auth">false</prop>
          </props>
      </property>
  </bean>

host がメールサーバー名、username と password はメールサーバーのユーザー名とパスワードで、認証が必要な場合は mail.smtp.auth を true にして有効にします。 値を更新した場合は、PALポータルを再起動後に有効になります。