ポートレットデコレータについて

ポートレットデコレータは、ポートレットの枠の部分やポートレット内のコンテンツ部分のスタイルなどを定義するファイル群です。 ポートレットデコレータは、ポータルページ内の各ポートレットに適用可能なデザインです。 テンプレート言語には Velocity を用います。 PALポータルはテンプレート部分を汎用的に実装されているので、テンプレート言語に JSP も利用可能ですが、Velocity を標準でサポートします。

構成ファイル

ポートレットデコレータは、webapps/palportal/decorations/portlet に配置されます。 このディレクトリをルートディレクトリとして、ポートレットデコレータの名前でディレクトリを作成して、以下のファイルを配置します。

  • decorator.properties
  • css/styles.css
  • decorator.vm

ただし、decorator.vmについては、定義されていない場合には webapps/palportal/decorations/portlet/decorator.vm がデフォルトとして使用されます。

基本的な定義方法については、レイアウトデコレータと同様です。

テンプレートフィル

テンプレートファイルは、decorator.vm で処理されます。 デザインに関する記述方法は、レイアウトデコレータと同様です。

decorator.vm では、対応するポートレットのコンテンツを出力する必要があります。 ポートレットのコンテンツの出力には、以下のコードで出力します。

$f.renderedContent

ポートレットデコレータの追加

新規にポートレットデコレータを追加したい場合は、上記のファイル群を作成し、webapps/palportal/decorations/portlet/<mydesign> 以下に配置することで <mydesign> が有効になります。デコレータの追加には、ポータルの再起動は必要ありません。

追加したポートレットデコレータはサイトエディターから選択することができます。 設定方法の詳細については「管理ガイド」を参照してください。