ディレクトリ構成について

ここでは、ディレクトリの構成について説明します。主に以下のディレクトリについての説明となります。 これらのうちのいくつかのものについては、別なページで詳しい説明がされます。

webapps/palportal/decorations

画面デザインに関するファイルがこのディレクトリ以下に置かれます。 PALポータルでは、デザインをデコレータと呼ばれる単位で扱います。

layout

レイアウトデコレータが配置されます。 レイアウトデコレータは画面の周辺部分のデザインに関するファイル群になります。

ディレクトリ名が、レイアウトデコレータ名に対応しています。たとえば、simple というデコレータ名に対応するファイルは layout/simple というディレクトリに置かれています。

画面の周辺部分のデザインを追加したい場合、この layout ディレクトリに置くことで追加が可能です。詳しい設定については、「レイアウトデコレータ」を参照して下さい。

portlet

ポートレットデコレータが配置されます。 ポートレットデコレータはポートレットのデザインに関するファイル群になります。

ディレクトリ名が、ポートレットデコレータ名に対応しています。たとえば、simple というデコレータ名に対応するファイルは portlet/simple というディレクトリに置かれています。

ポートレットのデザインを追加したい場合、この portlet ディレクトリに置くことで追加が可能です。詳しい設定については、「ポートレットデコレータ」を参照して下さい。

webapps/palportal/WEB-INF

assembly

PALポータルはデフォルトのコンポーネントフレームワークとして Spring フレームワークを使用しています。 Spring エンジンを初期化するために assembly 以下の xml ファイルが読み込まれます。

deploy

deploy ディレクトリ以下にポートレットの war ファイルを置くことで、ポートレットを配備することができます。 ポートレットの war ファイルは自動配備されます。

lib

PALポータルが使用する jar ファイルが置かれます。

logs

デフォルトの設定ではこのディレクトリにログが出力されます。ログの出力のレベルや出力先ディレクトリは /WEB-INF/conf/Log4j.properties を変更することで設定できます。

pages

各ユーザのページ情報が置かれます。

templates

ログインページや、エラーページなど、共通して使用されるファイルがこのディレクトリ以下に置かれます。