インストールの概要

本章ではインストール関連の情報を提供します。

システム要件

最小システム要件

  • JDK(TM) 5 以上
  • 1 GHz 以上の 32 ビットまたは 64 ビットプロセッサを推奨
  • 512 MB 以上のメモリー
  • 100 MB 以上のディスクスペース

サポートする OS

PALポータルは 100% Pure Java(TM) のポータルサーバーです。 ですので、Linux、Windows、Unix、Mac OS X など Java Virtual Machine(JVM(TM)) が動作するオペレーティングシステムで動作可能です。

アプリケーションサーバー

PALポータルは Java のウェブアプリケーションが動作可能なアプリケーションサーバー上で稼働します。 様々なアプリケーションさーバーで動作可能ですが、以下のアプリケーションサーバーで動作確認をしています。

  • Tomcat 5.5
  • JBoss AS 4.0/4.2
  • WebLogic Server 9.2/10
  • GlassFish 2

データベース

PALポータルはポータル内のデータを保存するためのデータベースを必要とします。 様々なデータベースをサポートしていますが、以下のデータベースで動作確認をしています。

  • Derby
  • Oracle
  • MySQL
  • Postgres
  • HSQL
データベースの接続に関しては、Apache DB Project の OJB (http://db.apache.org/ojb/) を利用しています。

インストール方法

PALポータルでは、新規インストールおよびアップグレードインストールを提供しています。 また、新規インストールでは、Tomcat 5.5 のインストールを省略するなどのオプションを提供しています。 詳しいインストール方法に関しては、「インストールガイド」を参照してください。

インストール内容

PALポータルは、Apache Portals の Jetspeed 2 (http://portals.apache.org/jetspeed-2/) ベースのポータルサーバーです。 ですので、標準の新規インストールでは、Tomcat 5.5 と共に PALポータルとしてカスタマイズされた Jetspeed 2 がインストールされます。 また、PALポータルでは、管理ツールとして pal-admin ポートレットと pal-wcm ポートレットが PAL ポータルの初回起動時に配備されます。

JSR 168 準拠のポートレットを追加で配備したい場合は、PALポータルのインストール後に「ポートレット管理」画面から配備するか、webapps/palportal/WEB-INF/deploy にポートレットの war ファイルを配置してください。