簡単なポートレットの作成

この節は、簡単なポートレットを作成するためのチュートリアルです。 ポートレットの開発者は以下のような順序で開発ができます。

ポートレットクラス

simplest/WEB-INF/classes ディレクトリに Simplest.java というファイルを以下のように作成してください。

public class Simplest extends javax.portlet.GenericPortlet
{
    public void doView(javax.portlet.RenderRequest request, javax.portlet.RenderResponse response)
            throws javax.portlet.PortletException, java.io.IOException
    {
        response.setContentType("text/html");
        response.getWriter().println("A very simple portlet.");
    }
}

以下のようにコマンドを入力してクラスをコンパイルしてください。

$ javac -cp ~/.maven/repository/org.apache.portals.jetspeed-2/jars/portlet-api-1.0.jar Simplest.java

portlet.xml

simplest/WEB-INF ディレクトリに portlet.xml ファイルを作成してください。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<portlet-app id="simplest" version="1.0">
  <portlet id="Simplest">
    <portlet-name>Simplest</portlet-name>
    <display-name>Simple Display Name</display-name>
    <portlet-class>Simplest</portlet-class>
    <supports>
      <mime-type>text/html</mime-type>
      <portlet-mode>VIEW</portlet-mode>
    </supports>
    <supported-locale>en</supported-locale>
    <portlet-info>
      <title>Simple Title</title>
      <short-title>The world's simplest portlet</short-title>
    </portlet-info>
  </portlet>
</portlet-app>

web.xml

simplest/WEB-INF ディレクトリに web.xml ファイルを作成してください。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE web-app PUBLIC "-//Sun Microsystems, Inc.//DTD Web Application 2.3//EN"
                         "http://java.sun.com/dtd/web-app_2_3.dtd">
<web-app>
  <display-name>Simplest</display-name>
  <description>The world's simplest portlet</description>
</web-app>

WAR ファイル

simplest ディレクトリで、以下のようなコマンドを実行して、以上のファイルを war ファイルにまとめてください。

$ jar cvf ../simplest.war .

WAR ファイルの配備

war ファイルを webapps/palportal/WEB-INF/deploy にコピーしてください。 PALポータルは webapp を配備します。

ページに配置

作成したポートレットをページ上に配置してください。 配置する方法については、「管理ガイド」を参照してください。