ポートレットからの利用

UserManager などのセキュリティサービスのコンポーネントは、ポートレットからも呼び出し可能です。 ポートレット上でそれらを利用するためには、拡張設定ファイルの jetspeed-portlet.xml をポートレットの WEB-INF に配置してください。 jetspeed-portlet.xml で js:services タグで利用するコンポーネント名を指定することで、PortletContext からそのコンポーネントを取得することができます。

利用方法については、「ポートレット」章の「ポータル機能の利用」を参照してください。