データベースの選択

デフォルトの Derby 以外のデータベースを利用する場合は、CLI によるインストール手順の「データベースの選択」で利用したいデータベースを選択してください。 利用するデータベースは、インストール前に環境構築されている必要があります。 インストールプロセスの中で、データベース内にテーブルや必要な情報が挿入されます。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  Database Selection
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ポータル用に利用するデータベースを選択してください。
データベースの種類
  Enter a number
  1) DB2 (Experimental)
  2) Derby [default]
  3) MS SQL Server (Experimental)
  4) MySQL
  5) PostgreSQL
  6) Oracle (9i 以上)
  7) SapDB (Experimental)
  8) 手動でデータベースのセットアップ


今回は、MySQL を例に進めていきますので、「4」を入力して、Enter キーを押下します。

データベースのパラメータ設定

利用するデータベースのパラメータを設定します。 (以下のパラメータは一例です)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  MySQL Database Connection Parameters
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


MySQL データベースに接続するために以下のフィールドに入力してください。
データベースユーザ名   [default:]
palportal

データベースパスワード   [default:]
password

JDBC 接続文字列   [default:jdbc:mysql://localhost:3306/<dbname>]
jdbc:mysql://localhost:3306/palportal

JDBC ドライバクラス名   [default:com.mysql.jdbc.Driver]
com.mysql.jdbc.Driver

JDBC ドライバ   [default:/root/mysql-connector-java-5.0.4.jar]
mysql-connector-java-5.1.6-bin.jar

「データベースユーザ名」と「データベースパスワード」はデータベースにアクセスするためのユーザー名とパスワードになります。 「JDBC接続文字列」はデータベースへのアクセスするパスになります。 「JDBCドライバクラス名」と「JDBCドライバ」は利用するデータベースのドキュメントを参照してください。

各項目に対してパラメータを入力後、Enter キーを押下します。

設定パラメータの確認

設定した DB パラメータの確認をします。

Enter キーを押下してください。 設定が正しくない場合はエラーが表示されるので、再度、設定したパラメータを確認してください。 データベースに正常に接続できた場合は、CLI によるインストール手順の「インストール前の確認」を参照してください。