Unix(Linux を含む) の OS 上における、CLI によるアップグレードインストール

PALポータルは、Unix(Linux を含む) の OS 上でコマンドラインインターフェース (CLI) によるアップグレードインストールをサポートしています。 この章では、CLI によるアップグレードインストール手順について説明しています。

Windows の OS 上における、CLI によるアップグレードインストール

なお、Windows の OS 上でコマンドラインインターフェース (CLI) によるアップグレードインストールはサポートしていません。 グラフィカルユーザーインターフェースによるアップグレードインストールをご利用ください。

アップグレードインストールの前に

PALポータルおよび PALポータルのインストーラーは、Java SDK(1.5.x以上) が必要になります。 http://java.sun.com/ にアクセスして、Java SDK を取得してください。 Java SDK のアップグレードインストール手順については、http://java.sun.com/ にあるアップグレードインストール手順にしたがってください。

PALポータルおよび PALポータルのインストーラーを実行するためには、環境変数に JAVA_HOME が設定されている必要があるので、設定されていることを確認してください。Unix 系 OS で環境変数 JAVA_HOME を設定するためには、

例(bash を利用の場合):
$ export JAVA_HOME=/usr/java/jdk1.5.0_16/

を実行します。